多汗症は遺伝する?

多汗症って遺伝するの?

多汗症の人が、自分に子どもができたときに遺伝するのではないかと不安を抱えている人もいるようです。

 

yoga-lesson

 

多汗症の種類

 

生理現象の範囲を超えて異常に汗をかいてしまう病気を「多汗症」と言います。

 

多汗症と言っても次の種類に分類できます。

 

  • 生まれつきの体質によって起こる「原発性多汗症」
  • 甲状腺機能亢進症や糖尿病、更年期障害、自律神経失調症
  • ほかの病気によって引き起こされる「続発性多汗症」

 

また、汗をかく部位によっても次のように分類されます。

  • 全身性多汗症
  • 局所性多汗症

 

全身性多汗症とは、その名のとおり全身から汗が多く出るものです。

 

局所性多汗症は、手のひらや足の裏、ワキの下など、体の特定の部分だけに異常に汗をかいてしまうもので、顔面多汗症もこの1つです。

 

多汗症は遺伝する?

 

海外では、原発性局所多汗症を患っている人の60〜65%に、家族内にも同じような症状の人がいたと報告されています。

 

日本でも、佐賀大学の研究チームが手の平の多汗症患者のDNAを解析したところ、原因とされる遺伝子を発見したと報告されました。

 

これにより、顔面多汗症にも遺伝の可能性はあると考えられています。

 

でも、多汗症についてはまだ明らかになっていない部分が多いんです。

 

どの程度の確率で遺伝するのかもわかっていません。

 

確実なことは、100%の確率で遺伝することはないということです。

 

自分が多汗症だからといって、子どもも必ず多汗症になるとは限りません。

 

多汗症は、生まれつきの体質や遺伝以外にも原因があります。

 

また、多汗症には、体質と同じくらい精神性発汗も大きく影響することがわかっています。

 

精神性発汗とは、緊張したり動揺したときに出る、いわゆる「冷や汗」のことです。

 

精神的な緊張、ストレスによって交感神経が刺激され汗をかきます。

 

誰にでも起こる生理現象ですが、多汗症の人は汗を気にしやすいため、動揺したり、焦ったりしますよね。

 

その結果、交感神経がさらに刺激され、余計に汗を増やしてしまうんです。

 

精神性発汗は、気持ちが落ち着けば自然に引いていく汗なので、汗を抑えるには、汗のことをあまり気にせずリラックスすることが大切です。

 

つまり、生まれつきの体質や遺伝以外にも、汗を多くしてしまう原因はあるんです。

 

汗をストップするために試してほしいのがサラフェプラス

 

汗に悩む人に試してみてほしいのが顔汗用の制汗剤です。

 

ただ、ワキやボディ用の制汗剤は顔には刺激が強すぎることがあります。

 

必ず、顔用の制汗剤を使いましょう。

 

テカリ訴求

 

サラフェプラスの公式サイトをチェックする

 

制汗剤が汗を抑えるのは、汗腺の出口を塞いで汗を出にくくする「収れん剤」が入っているためです。

 

サラフェプラスの場合は、フェノールスルホン酸亜鉛が汗腺にフタをすることで汗を抑えます。

 

yoga-lesson

 

医薬部外品の有効成分が汗を止めるサラフェプラスの公式サイトはこちら

 

体の内側から変えるなら、「あせしらず」

 

「あせしらず」は、体の内側からケアする、汗対策サプリメントです。

 

あせしらず

 

「あせしらず」なら、

 

  • トマト約3.5個分のカリウムを5粒にギュッと配合。
  • 女性ホルモンに似た働きをするプエラリアミリフィカを配合。
  • 天然リラックス成分のGABA配合
  • 汗の匂いを抑える柿渋エキス配合

 

まさに汗のお悩みのプロフェッショナルサプリメントなんです。

 

汗が止まったという嬉しい口コミもたくさん寄せられています。

 

もちろん国内工場で生産されているので、安心!

 

外側からのケアはサラフェプラス、内面からのケアはあせしらずで、汗のお悩みを根本から解決しましょう。

 

あせしらずは、内側からの改善をサポートしてくれます。

 

一度公式サイトをチェックしてみましょう。

 

あせしらずの公式サイトはこちら!

 

顔汗を止める方法をチェック