汗かきを治す

汗かきを治す方法ってあるの?

汗かきで悩む人は多いですよね。

 

  • 少し動いただけで顔から滝のような汗をかく
  • 辛い食べ物や熱い食べ物を食べた時に汗をかく
  • 緊張しても大量の汗をかく

 

事務所にいて、一人で汗をかいていると恥ずかしいですよね。

 

もちろんハンカチやタオルは必需品!

 

体型も太っている訳ではないし、多汗症なんでしょうか?

 

汗かきの対策は?

 

多汗症は、緊張・不安などのストレスから交感神経が、体温上昇とは関係なくエクリン腺より汗が過剰に放出される病気です。

 

症状としては、頭部・手・脇に多く汗をかきます。

 

対策としては、市販の制汗剤を使用してみて下さい。

 

例えば、サラフェのような制汗剤が良いと思います。

 

テカリ訴求

 

サラフェプラスの公式サイトをチェック!

 

医薬部外品のサラフェの有効成分(制汗成分)は、「フェノールスルホン酸亜鉛」という成分です。

 

汗を抑える作用が学術論文でも報告されているんです。

 

フェノールスルホン酸亜鉛は、毛穴から出る汗に吸着して流れないようにするため、敏感なお顔にも使えます。

 

汗を抑えることで、ニオイやテカリも抑えることができるんです。

 

汗かきを治す方法はある?顔の汗を止める方法をチェック!

 

民間療法も試してみては・・・

 

薬以外の方法としては、ミョウバン水を試も昔から使われていたようです。

 

ミョウバンは、食品添加物としてベーキングパウダーなどの食品に使われているものなので、安心です。

 

【ミョウバン水のつくりかた】

 

食料品売り場の漬物用品のところで、焼きミョウバンを探しましょう。

 

生のものでもOKです。

 

焼きミョウバン50グラム(生は75グラム)に対して、水1.5リットルです。

 

涼しいところに2、3日置いておいて、完全に溶けたらミョウバン水の原液のできあがりです。

 

使用するときは、この原液を20〜50倍に薄めて使いましょう。

 

霧吹きなどに入れて、冷蔵庫に入れて保存します。

 

お肌の敏感な方は、もっと薄めて下さい。

 

症状が改善しない様でしたら、やはり医薬部外品のサラフェプラスがオススメです。

 

今なら返金保証もついているので気軽に効果を試せます。

 

医薬部外品の成分が汗を止めるサラフェプラスの公式サイトはこちら

 

顔汗を止める方法をチェック