汗が止まらない顔

汗が止まらないのは精神的なもの?

精神的な理由からかく汗を「精神性発汗」といいます。

 

緊張や不安を感じているときに汗をかくことは誰にでもあることです。
しかし、中には汗の量が度をこしていて悩んでいる…という人も少なくありません。

 

汗をかくのを恐れる気持ちが、さらに心に負担をかけ大量の汗をかいてしまうという悪循環もよくある話です。

 

 

汗と緊張

汗が止まらない・・・顔ばかりに汗をかくのはなぜ?【緊張汗】

そもそも、なぜ人は緊張すると汗をかくのでしょう?

 

これは、脳が「緊張感=緊急事態」と判断し、いつでも機能的に動けるよう備えているという説が有力です。

 

緊張しているときは、自律神経のうちの交感神経が活発な状態です。

 

交感神経は発汗を司るので、器官的にも発汗が起こりやすくなるんです。

 

緊張汗の対処法@

 

顔は、隠すことができず人目につきやすい部分。

 

つい人目を気にしてしまいがちですよね。

 

もっとも手軽な顔汗対策と言えそうなのが、制汗剤。

 

顔に使える制汗剤はドラッグストアではなかなか見つけられません。

 

そこで、日本初の顔汗対策制汗剤をご紹介します。

 

顔汗訴求 

 

サラフェプラスの公式サイトをチェックする

 

制汗剤が汗を抑えるのは、汗腺の出口を塞いで汗を出にくくする「収れん剤」が入っているためです。

 

サラフェプラスの場合は、フェノールスルホン酸亜鉛が汗腺にフタをすることで汗を抑えます。

 

yoga-lesson

 

医薬部外品の有効成分が汗を止めるサラフェプラスの公式サイトはこちら

 

緊張汗の対処法A

 

緊張汗は、心の病気ではありませんが、汗への恐怖心や不安が余計に症状を重くしている場合は、呼吸やリラックスで効果が得られることもあります。

 

緊張がひどいという人は、このサプリメントも試してみてはいかがでしょうか。

 

 

メンタルサプリ【リラクミンシリーズ】をチェックする


 

緊張汗の対処法B

 

漢方薬は、西洋医学の薬のように症状に直接作用するわけではないので、即効性はありません。

 

でも、体全体のバランスを本来の状態に戻して自己治癒力を高める効果が期待できます。

 

西洋医学では原因が解明できず、対処しきれないような病気にも効果を発揮することがあります。

 

同じ症状でも、患者によって処方される漢方薬は異なりますが、顔汗が多い場合は「柴胡桂枝乾姜(さいこけいしかんきょうとう)」がよく用いられます。

 

専門医に相談するだけでも気持ちが楽になるので、人より顔汗が多い気がしたり、人目が気になったり、日常生活に影響がある場合は、気軽に受診してみましょう。

 

顔汗を止める方法をチェック