電車で汗が止まらない

電車の中での汗対策

駅まで歩くだけで汗がダラダラ・・・。

 

 

そのうえ満員電車で汗をかいてつらい・・・。

 

満員電車だと汗をかいて近くにいる人や、迷惑になってしまうんじゃないかと気になってしまいますよね。

 

まわりの人と同じ状況になのに、自分だけ汗をかいてしまう原因は主に2つ!

 

  • 汗をかきやすい体質(多汗症)
  • 精神的なストレスから汗をかきやすくなっている

 

電車とかだけでなく、密閉された空間だと、汗かきの人にはかなり辛い場所。

 

「満員電車なのに汗かいたら臭うかも」
「ここクーラー当たらないから汗かいちゃうかも」
「やばい!汗かいてる、恥ずかしい」

 

とネガティブなことを考えれば考えるほどに、汗が噴き出して止まらないものです。

 

では電車や密閉された空間で汗を抑える方法にはどのような方法があるのでしょうか?

 

電車で汗が止まらない!どうすればいいの?

 

通学通勤時の電車の汗や臭いの対策方法

 

早めに行ってコンビニで休む

 

電車に乗った時に汗をかきやすい理由の1つに、駅まで歩いたり、自転車で軽く運動しているということがあげられます。

 

走ったり運動した後、立ち止まった時に、急に汗が出てきたことことありませんか?

 

電車に乗る時も同じような状況だと言えます。

 

ですので通学通勤の電車に乗る前は、少し時間より早めに家を出て駅近くのコンビニで5分、10分涼んでから電車に乗るだけで汗のかき方が全然違います。

 

電車で汗が止まらない!どうすればいいの?

 

席が空いていれば必ず座る

 

立っていると電車の揺れに耐えるため、腹筋や足の筋肉など小さな運動状態にあります。

 

筋肉を使えば汗もかきやすくなってしまうので、朝の通勤時は難しいですが、座れる時はなるべく座るようにしましょう。

 

周りの視線を気にし過ぎない

 

満員電車や密室などで、「やばい!汗かいちゃうかも」「目の前の人に汗かきすぎてて変な奴って思われてそう」という気持ちが強くなると、精神的に負担がかかってしまい、もっと汗をかいてしまうものです。

 

「精神性多汗症」という言葉もあるくらい、心と汗はつながっています。

 

顔汗用の制汗剤を使う

 

テカリ訴求

 

サラフェプラスの公式サイトをチェックする

 

顔汗って自分が思っているよりも電車内で目立ちます。

 

身体なら満員電車の中ではそれほど目立ちませんが、顔だけはどうやっても隠せません。

 

基本的に電車の中って空調が効いてるので暖かいですから、季節に関係なく汗をかきますよね。

 

満員電車の中は、人の熱気も加わるので、かなり暑いです。

 

だからこそ、季節関係なく熱気がこもる電車の中では、汗をかかないようにするための最適な対策がポイントになるんです。

 

顔汗用の制汗剤はなかなかないんですが、顔汗をかきやすい人専用のサラフェという制汗剤がオススメです。

 

化粧した上からサッと塗るだけで簡単に使えますし、実際、これを使うようになってから以前ほど流れる汗をかかなくなったんです。

 

これは私の中ではかなり嬉しいこと。

 

顔汗をかかないというだけで、ストレスが減って快適に過ごせます。

 

体温が上昇しやすい空間では、こういった汗対策グッズを使うのもとても効果的です。

 

顔汗を止める方法をチェック