顔汗の対処方法

顔汗を簡単に止める方法3つとは?

舞子さんは厚塗りメークで夏も大変。

 

でも、顔に汗をかいてメイクが落ちるなんてこと、とんでもないですよね。

 

舞子さんもやっている顔汗の対処方法は?簡単な3つの方法

 

顔汗は、ワキの下や足の裏などとは違って、汗が出ていることを隠しようがないですよね。

 

そんなやっかいな顔汗。

 

顔汗を止めるための、すぐにできる対処法を3つご紹介します!

 

皮膚圧反射を利用する

 

皮膚圧反射とはなんでしょう?

 

人の体には、体の一部分を圧迫すると、その周辺の汗が減ってかわりに反対側から汗が出るという性質があります。

 

これを「半側発汗(皮膚圧反射)」と言うんです。

 

これは舞子さんも実践している方法。

 

胸の辺りを帯やベルトでギュッと締め付けることによって、その上側(首や顔)の発汗は抑えられるというわけです。

 

逆に、胸より下の部分は、発汗が促されやすくなってしまいます。

 

舞子さんは、胸あたりを帯で強く締め付けることで顔汗を止めているんですね。

 

舞子さんもやっている顔汗の対処方法は?簡単な3つの方法

 

私たちはが普段の生活でできることは、強めに腕組みをしたり、胸から5センチ当たり上のところを紐などで強く縛ったりして圧迫すること。

 

その間だけ顔汗を減らすことができます。

 

楽天ではこんな「汗止め帯」というものも売っています。

 

ぜひ試してみて下さい。

 


 

汗止めバンド 『オリジナルのモカ色 汗止め帯レースタイプ』を楽天市場でチェック

 

冷やす

 

体が熱くなっているときの汗は、熱を逃がして体温を下げる役割を持っています。

 

いわゆる「温熱性発汗」。

 

この汗は、太い血管を集中的に冷やせば、冷えた血液が体の中をめぐることで体温が下がるので、汗を止めることができます。

 

顔汗の場合は、首の後ろに太い血管があるので、冷やすと効果的。

 

保冷剤や冷たいペットボトル、濡れたハンカチなどで首の後ろを冷やすといいですね。

 

ただ、状況によってはなかなか冷やせないこともありますよね。

 

制汗剤を用いる

 

顔汗を抑えるためには、顔汗用の制汗剤を使うという手段もあります。

 

ただし、ワキやボディ用の制汗剤は顔には刺激が強すぎることがあります。

 

必ず、顔用の制汗剤を使うようにしましょう。

 

顔汗訴求 

 

  • メディアも大注目のサラフェプラス
  • 楽天市場でも、顔汗対策商品でダントツ
  • 医薬部外品だから有効成分で顔の汗を抑える

 

一度その効果を実感してみたいですね。

 

顔汗を止める方法をチェック