顔汗は病気のサイン?

顔汗は病気のサイン?顔汗に潜む病気とは?

顔汗に悩む人は多いですよね。

 

  • 暑いとき
  • 運動をしたとき
  • 興奮をしたとき
  • 熱いもの・辛いものを食べたとき

 

は、誰でも顔汗は出るものです。

 

でも、何もしていないのに常に汗がにじんでいる、緊張したときにポタポタとしたたり落ちるほど汗が出るなど、その量が異常に多い人は要注意!

 

なにかの病気が潜んでいる可能性があります。

 

顔汗とと関係する病気について、解説します。

 

顔汗は病気のサイン?顔汗に潜む病気とは?

 

顔面多汗症

 

体のほかの部分はそうでもないのに、いつも顔だけに異常なほど汗をかく・・・。

 

そんな場合は、「顔面多汗症」の可能性があります。

 

発汗には、次の3つがあります。

 

  • 上がりすぎた体温を下げるために起こる「温熱性発汗」
  • 緊張・興奮したときに起こる「精神性発汗」
  • 刺激の強いものを食べたときに起こる「味覚性発汗」

 

こういった生理現象の範囲を超えて、大量に汗が出てしまう病気を「多汗症」と言います。

 

中でも顔だけに特に多く症状が現れるものを指して顔面多汗症とされています。

 

顔面多汗症の原因は未だはっきりとしたことがわかっていません。

 

発汗を促す交感神経が過敏になっていることが関係していると考えられています。

 

また、遺伝的な体質によって起こるケースもあるようです。

 

自律神経失調症

 

自律神経は、呼吸や体温、血液の流れ、内臓の働きなどを自動的に調節しています。

 

この自律神経のバランスが乱れることで、体にさまざまな不調が現れる病気です。

 

発汗も自律神経がコントロールしているため、自律神経失調症になると汗が異常に出ることがあります。

 

更年期障害

 

加齢にともなう卵巣機能の低下によって女性ホルモンの分泌が低下すると、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

すると、血管の拡張や収縮をうまくコントロールできなくなり、汗が出たり、顔がほてったり、のぼせたりする症状が起こることがあります。

 

糖尿病(糖尿病神経障害)

 

糖尿病などで血糖値が高い状態が続くと、「糖尿病神経障害」になることがあります。

 

末梢神経(自律神経)の働きが低下すると、発汗異常や立ちくらみ、便秘、下痢、尿意を感じないなど、体にさまざまな症状が現れます。

 

専門医に相談した上で、顔汗を抑えたい時は・・・

 

多量の汗には、多汗症などの病気が潜んでいるケースがあります。

 

リラックスしている時でも顔汗が気になるなど、専門医に相談するのも一つの方法です。

 

そのうえで、顔汗を抑えたい時には、顔用制汗剤の使用をオススメします。

 

テカリ訴求

 

サラフェプラスの公式サイトをチェックする

 

顔汗を止める方法をチェック