多汗症は遺伝する?

顔面多汗症の検査ってどんなもの?

顔面多汗症とは、何もしていないにも関わらず、顔に異常なほど汗が出る病気です。

 

ただの「汗っかき」ともいえるので、一人で悩んでしまう人も多いんです。

 

「顔面多汗症かもしれない」と思う人。

 

次の項目の2つに当てはまったらその可能性があります。

 

原因不明の局所的な汗が出る状態が半年以上続いていること。

 

両手の平、両足の裏、両脇の下など、左右対称に多汗の症状がある。

 

多汗症状が週に1回以上ある。

 

睡眠中は、汗をかかない。

 

25歳以下のときから、多汗症状がある。

 

家族や親戚にも多汗症の人がいる。

 

日常生活に支障をきたしている。

 

2つ以上当てはまったら、多汗症かもしれません。

 

病院へ行くと、発汗検査を行って局所多汗症かどうかの診断をしてもらえます。

 

病院での局所性多汗症の検査

 

診断を確定するために、医師が目で見たり手で触れたりして症状を確認します。

 

また、客観的に発汗量を検査するために

 

  • ヨード紙法
  • 重量計測法
  • 換気カプセル法

 

なども行います。

 

それぞれの検査方法を見ていきましょう。

 

ヨード紙法

 

ヨード(ヨウ素)を吸収させた紙を発汗部位に触れさせ、汗の量を見る検査法です。

 

発汗部位に触れると汗を吸収して黒色に変色するものです。

 

重症の場合はヨード紙が全体的にベッタリと変色し、中等度の場合は汗腺と同じ位置に点状に変色するだけです。

 

視覚的にわかりやすいのが特徴です。

 

重量計測法

 

ろ紙を付着させたビニール手袋を5分間装着し、汗のついたろ紙の重さを計ることで発汗量を調べる方法です。

 

手の平の多汗症の検査に用いられます。

 

換気カプセル法

 

発汗部分の皮膚に密閉できる小型カプセルを装着し、そこに乾燥ガスを入れて汗を蒸発させ、出てきたガスの湿度から発汗量を調べる方法です。

 

顔汗が気になる方は、検査を検討してみてもいいかもしれません。

 

受診前に試してほしいのがサラフェプラス

 

汗に悩む人に試してみてほしいのが顔汗用の制汗剤です。

 

ただ、ワキやボディ用の制汗剤は顔には刺激が強すぎることがあります。

 

必ず、顔用の制汗剤を使いましょう。

 

テカリ訴求

 

サラフェプラスの公式サイトをチェックする

 

制汗剤が汗を抑えるのは、汗腺の出口を塞いで汗を出にくくする「収れん剤」が入っているためです。

 

サラフェプラスの場合は、フェノールスルホン酸亜鉛が汗腺にフタをすることで汗を抑えます。

 

yoga-lesson

 

医薬部外品の有効成分が汗を止めるサラフェプラスの公式サイトはこちら

 

サラフェプラスと組み合わせて使ってみたい「あせしらず」

 

「あせしらず」は、体の内側からケアする、汗対策サプリメントです。

 

あせしらず

 

「あせしらず」なら、

 

  • トマト約3.5個分のカリウムを5粒にギュッと配合。
  • 女性ホルモンに似た働きをするプエラリアミリフィカを配合。
  • 天然リラックス成分のGABA配合
  • 汗の匂いを抑える柿渋エキス配合

 

まさに汗のお悩みのプロフェッショナルサプリメントです。

 

もちろん国内工場で生産されているので、安心です。

 

外側からのケアはサラフェプラス、内面からのケアはあせしらずで、汗のお悩みを根本から解決しましょう。

 

あせしらずは、内側からの改善をサポートしてくれます。

 

一度公式サイトをチェックしてみましょう。

 

あせしらずの公式サイトはこちら!

 

顔汗を止める方法をチェック