塩化アルミニウムは顔汗に効果ある?

塩化アルミニウムは顔汗に効果ある?

季節に関係なく、すぐに顔に汗をかいてしまうと悩んでいる人は多いんですよね。

 

顔の汗でメイクが崩れたり、化粧直しが大変だったり・・・。

 

 

顔汗を抑える方法として塩化アルミニウム液を塗るという方法があります。

 

でも、

 

  • 副作用などは大丈夫?
  • 効果があるの?

 

そう思う人も多いはず。

 

ここでは塩化アルミニウムについてご説明します。

 

塩化アルミニウムは顔汗に効果あるの?

 

塩化アルミニウム液とは、塩化アルミニウムを溶かした水溶液のことです。

 

塩化アルミニウムを塗った部分の汗腺は細くなりますから、汗が少なくなります。

 

また、塩化アルミニウムは塩分と反応すると結晶化するので、汗と反応させて、結晶化させることで汗を止める効果があるともいわれています。

 

効果の持続時間ですが、つけている時だけ効果があるので一時的な解決にしかならないと言われていましたが、毎日塗り続けることによって、汗を作る汗腺そのものを萎縮させて、汗そのものを抑えることができることもわかっています。

 

根気強く塗ることが大切なんですね。

 

塩化アルミニウム液はどこで手に入る?

 

塩化アルミニウム液は、皮膚科を受診して処方されないと手に入りません。

 

ただ、皮膚科でも多汗に詳しいところは少ないので、処方してくれる皮膚科は多くないようです。

 

塩化アルミニウムは試薬扱いで薬価収載の薬剤ではないですから、保険請求ではなく、医師の対応も処方箋ではなく指示書扱いですので、全額患者さんの自己負担となります。

 

そのため皮膚科などで指示書を受けた調剤薬局では薬剤料+規定の技術料という計算になるようです。

 

従って塩アル液入手には、皮膚科での初診料+診察料+指示書費用、それと調剤薬局での薬剤料+規定の技術料がかかるということになります。

 

新城薬局のサイトから引用

http://shinjou.info/modules/pico/index.php?content_id=3

 

保険外なので、効果になるうえに、入手しにくい塩化アルミニウム液。

 

でも、塩化アルミニウム配合のジェルは、楽天市場で買うことが可能です。

 

 

塩化アルミニウム13%配合ミスト オドジェルミスト 30ml 1300円を楽天市場でチェック

 

塩化アルミニウムの副作用は?

 

塩化アルミニウムを使ったときに出る副作用には、

 

  • かゆみ
  • 肌荒れ(かぶれ)
  • チクチクとした皮膚の痛み
  • めまい
  • 体のほてり

 

などがあります。

 

また、皮膚に塗ると皮膚から吸収され痴呆になるという研究報告もあったようです。

 

ひどい痒みなどで悩まされるという場合は、使用をやめて皮膚科に行きましょう。

 

塩化アルミニウムよりパラフェノールスルホン酸亜鉛が効果的

 

塩化アルミニウムは手に入りにくく、副作用も心配・・・。

 

他に効果のある成分はないの?

 

そう思う人もいますよね。

 

塩化アルミニウムと同じような働きをする成分として、パラフェノールスルホン酸亜鉛という成分があります。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、皮膚や粘膜のたんぱく質と結合して被膜を作ります。

 

簡単にいうと、汗腺にフタをするんですね。

 

汗の出所である汗腺に対して収斂(しゅうれん)作用があるので、効果的に汗を防ぐことができます。

 

お肌にもやさしい成分なので、副作用は少なく、厚生労働省が定めている規定量を超えるものは日本国内に出回ることはないので、安心して使えます。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛配合の顔汗ジェルはこれ

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛配合で、効果的に顔汗をとめるのは、サラフェプラスです。

 

もちろん医薬部外品なんです。

 

顔汗訴求 

 

サラフェプラスの公式サイトをチェックする

 

制汗剤が汗を抑えるのは、汗腺の出口を塞いで汗を出にくくする「収れん剤」が入っているためです。

 

サラフェプラスの場合は、フェノールスルホン酸亜鉛が汗腺にフタをすることで汗を抑えます。

 

yoga-lesson

 

医薬部外品の有効成分が汗を止めるサラフェプラスの公式サイトはこちら

 

顔汗を止める方法をチェック